トレード休日を作ろう

 

トレードに没頭し、学習・検証に勤しむのはとても重要なことであり、勝者になる為には必要不可欠である。

 

しかし、目の前に没頭し過ぎると、周りが見えなくなり、

行き詰ったり、調子が悪くなったりする。

”義務感”を感じて行動をしては、パフォーマンスが落ち、

”努力をしていても身にならない”悲しい事態になる。

そこで、必要なのが、トレード休日。

週1で、諸々のトレード活動を一切しない日を作ろう。

 

しかし、ただ自由に趣味に明け暮れるのは違う。

それだと、時間を浪費するだけで終わってしまう。

 

このトレード休日の目的は2つ

 

1つ目

【自分の体調・コンディションを整える。】

疲れていると思うなら、思う存分くつろいでみる。

モチベーションが下がっているのであれば、自分が幸福を感じる行動をしてみる。

例えば

・スイーツを食べに行く

・家族(子供・恋人など)と同じ時間を過ごす。

・好きな趣味をやる。

※但し、ゲームはちょっと違うかなと思う。疲れない、楽しむ程度なら可。

あくまで、目的は、自分の幸福度(生きている幸せの感覚)を高めること。

趣味だと思っていても気が付いたら疲れているというものは控えるべき。

 

2つ目

【自分の今のトレードを客観的に振り返る。】

こちらの方が遥かに大事。

といっても、別に面倒なことや、難しいことをやる必要はない。

今の自分を振り返るだけである。

・自分はどこを目指しているのか。(目的地)

・今、自分はどういう状況で、どこが上手くいっていないのか。(現在地)

現在地がパッと見えなければ、

面倒に感じるだろうが、あなたの過去のトレードを見返せば、現在地は見えてくるだろう。

紙に書きだすと、より自分を客観的に見れて効果的である。

 

この2つが明確に分かっているのであれば、あなたは何も迷う必要はない。

改めてこの2つを意識した上で、また明日からトレードに勤しんでいくだけである。

 

の2つが、明確に分からないのであれば、まずは、”自分の目的地・現在地”をハッキリさせた方がいいだろう。

それが、あなたが明日、トレード学習・検証の前に、最初にすべきことである。

 

これらは、15分もあれば出来る。

何ならお風呂場でだって出来る。

 

このちょっとの時間を面倒くさがらずにやれるかどうかで、

あなたの成長スピードは全く変わってくるだろう。

 

こうして定期的(週1程度)に、自分を見つめることで、黙々とやり込むよりも絶対に調子は良くなるだろう。

分野は違うが、週5勤務よりも、週4勤務の方が仕事のパフォーマンスが上がったという実験結果も出ているそうだ。

 

今の体調・トレード成績が振るわないと感じている人は、是非この考えを取り入れて、行動してみて欲しい。

 

 

ブログランキングはこちらです

にほんブログ村はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です