トレードは人に教わるものではない

 

トレードは、”最終的”には、人に教わるものではない。

 

先駆者が、駆け出しのトレーダーに教えることができるのは、

”基礎知識”・”教訓”・”方向性(勝者への道筋)の提示” くらいである。

トレードは、他の勉強とは違い、学べば結果が出るものではない。

知識は土台となるが、それ以外に

・自己の戦い方を模索・発見・創造し、型を作る

・実践経験を積む

・人間力(行動力・精神力)磨き

が必要不可欠である。

 

トレードは、ある種のスポーツであり、他者との戦争である。

トレーダー≒スポーツ選手

と捉えることが出来れば、「なぜ知識を得るだけで結果が出ないのか」が、

腑に落ちるのではないか。

 

・自己の戦い方を模索・発見・創造し、型を作る

・実践経験を積む

・人間力(行動力・精神力)磨き

【土台:基礎知識、練習(検証)】

 

スポーツに置き換えようと試みたが、そのまま過ぎて、変に例えると余計に理解しずらくなると思うので、ご自身で置き換えて頂きたい。

上記3つが必要不可欠なのは容易に理解できるだろう。

 

自分で行動し、自分で自分を変えていくしかないのだ。

 

もう一度言うが、

先駆者が、駆け出しのトレーダーに教えることができるのは、
”基礎知識・教訓・方向性(勝者への道筋)の提示” くらいである。

高勝率・高安定の手法をひたすら求めている人は絶対に勝てるようにならない。

 

それは、バッターに例えると、

「どんな球でもほとんどヒットにすることが出来る、しかも、自分のコンディションに関わらず、継続的に安定してヒットを打つことが出来る」

そんな打ち方をひたすら模索している人と同じである。

 

 

そんな夢のような、打ち方があると思うか?

 

誰だって分かるであろう。

そんな打ち方あるわけないだろう。と。

 

ところが、こと”トレード”になると、そんな「夢のような手法がどこかにある」と信じている(信じ切っている)人がいる。

 

その理由は書き出すと別の話になってしまうので、ここではおいておいて、

 

あなたには、そんな”幻想”を思い描きながら、散っていく人にはなってほしくない。

本気で勝者になりたいのであれば、甘くない現実を早く直視して、そんな中で生き残って勝ち続ける為に「自分を進化させていくしかないんだ…!」と己に誓って欲しい。そして、行動して欲しい。

 

トレードは、人から教わるは出来ないが、人からエネルギー(情熱・やる気)を貰うことが出来る。

どうすれば、エネルギー(情熱・やる気)を貰うことが出来るのかと言うと、

 

”憧れ”を持つこと。

「この人みたいな勝者のトレーダーになりたい!」

 

人は憧れを持つとたちまち成長出来る。

私も憧れの存在を見つけてから、自身のトレードが動き出したと実感している。

 

スポーツ選手においては、”本当に”憧れることが出来る人は容易に見つかるだろうが、

FXトレードにおいては、意外にも難しい。

勝者に成りすました”偽のトレーダー”が多いからだ。

憧れの対象を間違えると、進む方向を歪められ、悲惨な末路をたどることになりかねないので要注意だ。

 

しかし、今現在憧れる人がいないのであれば、

憧れる対象を見つける努力をしてほしいと思う。

探せば、求めればきっと見つかる。

 

運よく心から憧れれる人を見つけることが出来たのならば、

その人を超えていくつもりで、

日々自分の限界を超えて行け。

その気持ちが本物であるならば、いつか必ず勝者になれるだろう。

 

 

ブログランキングはこちらです

にほんブログ村はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です