情報に惑わされるな。全てを知ろうとするな。

 

あなたは、トレードで”自分の戦い方の軸”というものが定まっているだろうか。

「俺(私)は、この軸を極める…!」としっかりと定まっている人は問題ないのだが、多くの人は、軸が曖昧になったり、コロコロ変わったりしているだろう。

 

色んなチャートパターンを勉強して、全てを上手く使おうとしたり、

勝てている人をひたすら探して、真似してやってみたり。

そうやって多くを知ればきっといつか勝てるようになると信じている人は多いが、真実は、多くを知れば知るほど、振り回されて、悩み苦しみ、そして結局空回りして上手くいかない。

 

本当に勝ち続けているトレーダーは、極めてシンプルな戦い方”をしている人がほとんどである。悩む余地はない。

 

こういうと、誤解を招きそうなので、先に言うが、

シンプルな”戦い方”なのである。

その上で、彼らは独自の検証・経験を通して習得した”感覚”に基づき、

”値動きのクセ”を相場から感じ取り、

ただ「勝率が高いと確信したところ」でエントリーするのだ。

 

だから、何度も言っているように、トレードで勝ち続ける為には”そこ”が一番重要なのである。

 

どれだけ知ろうとしたところで、全てを理解するのは不可能なのだから、

「知り尽くしたい病」から離れて、

負けても悔いがない所で、”勇気”を持って入るだけ。

 

だから、”トレードで勝つ為の全て”を知ることは不可能であることを受け入れ、

余計な情報を得て、つかの間の安心を得ようとせずに、

ただ”素朴に、地道に、着実に”一つの道を極めた人だけが駆け上がれるのである。

 

月並みだが、「急がば回れ」・「千里の道も一歩から」という言葉の”本質”

理解出来れば、それが”トレードにも当てはまる”と信じて進めばいいのである。

 

 

ブログランキングはこちらです

にほんブログ村はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です