ドーパミンになってない?

 

あなたが、トレード初心者であるならば特にだが、

・本を読む

・ブログ記事を読む

・YouTubeを見る

 

などして、幸福取引(FX)を学んでいるのだろうと思う。

学ぶことは、非常に大事であり、原点である。

しっかりと知識を学ばずに、焦ってリアルトレードに挑んで破産していった人は多い。

まず先に、知識を学ぶ選択をしたあなたは、「賢明な判断」をしたと言えよう。

 

しかし、先の記事でも述べたように、トレードは学ぶだけでは勝てない。

具体的には、学んだことを「とりあえずやってみる」ことが非常に大事である。

 

まだ完全に理解しておらず、腑に落ちない所もあるけど、とりあえずやってみる。

 

この精神は早く駆け上がる為には必須である。

しかし、「すぐ行動する」ことは、強い行動力がないとできない。

それが、故に

”とりあえず”何かトレードに関するものを見て、一時的にやるだけで終わってしまう人が多い。

 

あなた自身、振り返って見てほしい。

「知識を学ぶことが”ドーパミン”になっていないか?」どうかだ。

ここでいうドーパミンとは、

「学んだ瞬間は一時的に、モチベーション・やる気が出て行動することができるが、数時間後もしくは翌日には、もうモチベーションが下がって何だかやる気が起きない」現象をさす。

知識を学ぶことが”ドーパミン”になっている場合、

その知識は学んだ”気になっている”だけの可能性が高い。

 

中々トレードが向上していかないと思っている人は、

自分がこの症状にかかっていないか、自身を見つめ直してほしい。

 

では、どうすれば知識を学ぶことが、”ドーパミン”とならないか。

 

 

 

それは、あなたが何故「トレードでお金を稼ごう」と思っているのか。

あなたが、トレードを学ぶ目的を”明確”にするしかない。

 

目的が弱いのに、やる気が続くわけないのだ。

 

「お金を稼いで、自由に、楽になりたい…!」

「パァっとお金を使いたい!」

 

こんな理由では、ダメである。

何故なら、これらは目的ではなく、ただの”希望”だからである。

利己的な、舐めた欲望を抱くと、資金も精神も相場に破滅させられると肝に銘じてほしい。

 

心のそこから湧き上がるような、

周りの人に応援され、共に同じ道を目指せるような。

そんな目的を定める必要がある。

 

これらは、トレードを学ぶことにまだ100%本気で取り組めていない人に向けての言葉である。

本気で、日々学び・実践している人に今回は何も言うことはない。

 

只ひたすらに、目的に向かって進むだけである。

 

ブログランキングはこちらです

にほんブログ村はこちらです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です