自己紹介

初めまして、当ブログ管理人の桜 朔夜と言います。

まずは、自己紹介をさせてもらいますね。

私は現在21歳、大学を休学しプロトレーダーを目指している者です。(来年度退学予定)

 

トレードを本気で学び始めて初めて1年半。

まだまだ、発展途上のトレーダーと自分で自覚していますが、2019年が終わるまでには稼げているだろうという確信があります。

うぬぼれではない、確信的な何か。

 

 

 

どうして、休学までしてこんなに早くにFXに励み、中退してまでも自立しようと思ったのか。

 

私の過去を少しだけ話させて貰いますが、

長くなってもしょうがないので、端的に話したいと思います。(自分語りがウザいと思われる人は…を全部飛ばして頂いても結構です。)

良ければお付き合いください。

 

 

幼いころから、「吃音症」・「重度のアトピー」、

そして男で低身長という特徴だった私は、

”他人より劣っている”という意識が、一般人のおよそ10倍位あり(という認識)、

小中高時代の、孤独と劣等感による”極度の苦痛”にまみれた学校生活を送りながらも、

「国立大学に合格すれば、俺は自由になる…!エンジョイできる…!」という想いで受験勉強をし、

血と涙の勝利を収めた。

 

しかし、”「国立大学合格」がゴールだった” ことに私は後から気がついた。

「吃音症」というのが、当時の私を他人との関わりから遠ざけ、

あれだけエンジョイしようと夢見ていた大学生活で、全くエンジョイ出来なかった。

むしろ、自由が利きすぎる分、高校時代より苦痛を感じるようになった。

勉強は難しい。サークルはやらない(楽しめない)。誰とも話せない。

私の中の幻想がガラガラと崩れ落ちていっている音が聞こえてきた。

 

 

しかし、そこで転機が訪れた。

私の祖父の死。

私の両親と祖父は昔から仲が悪く、祖父とは別居中での出来事だったので、

驚きはしたけど、残念ながら涙は出なかった。

しかし、この出来事は、身内の”死”を初めて身近に感じた私にとって、

時間は有限という事を強烈に感じた出来事だった。

言葉選びに非常に悩む所ですが、

私が変わるきっかけを作ってくれた祖父に感謝したいです。

 

 

そこから、自分がPCで、お金を稼いで自立するための方法を色々探していました。

そこで、一際目について引かれたのがFXトレード

PC1つで、誰でも・どこでも・いくらでも稼ぐことができるという所に、非常に興味を持ちました。

しかし、何も知らずに無知の私は、当然全く勝てませんでした。

 

幸いにも、優良なブログで、最低限の資金管理は学び、「FXは舐めると死ぬ」という事は先に学ばせてもらっていたので、大損失を食らうことはありませんでしたが、それでも、苦痛で何も考えられなくなる位の損失は何度か経験しました。

そこから、何度も紆余曲折し、トレードを諦めようと思ったことも何度かありましたが、幸運にもメンターに出会い、私は少しづつ成長出来てきた気がします。

 

 

そうして、今の私があります。

ここまで、私を育ててくれたメンター方、学ばせてくれた書籍、”痛み”を通して、変わろうとするチャンスを何度も作ってくれた相場様に感謝したいです。

まだまだこれからも、たくさん学ばせてもらいたいと思います。

 

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

今の現状を変えたいと願い、懇望しているからこそ、FXトレードに出会ったのではないでしょうか。

 

変わりたいのであれば、その熱意をもって、自分に本気の約束をして、

”今この瞬間”から行動していきましょう。

 

難しく考える必要はありません。

まず一つ、まず1分でいい。

トレードを学ぶ行動をしてみる。

自分を変える習慣をつけていきましょう。

 

あなたが、心から勝者のトレーダーになる事を望み、予想し思い描き

”毎日”その道を極めれば、必ず道は拓かれます。

 

 

さあ、私はようやく生まれ変わる準備が出来ました。

是非あなたも一緒に生まれ変わりましょう。

あなたの成長を心から祈っています。

 

 

桜 朔夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です