「楽に生きる」カテゴリーアーカイブ

純粋にあなたを嫌う人は一人もいない

どもる恐怖の大きな原因は、

どもることで、「相手に嫌われる」と思うからなのです。

 

この思考を変えるための真実の一つは、前にも言った「相手は、あなたのことをそれほど見ていないということ」。

そして、もう一つ大事な真実があります。

 

それは、「純粋にあなたを嫌う人は〝一人〟もいない」ということ。

 

人は、総じて自分の〝ためになる〟ことしかやらないのです。

誰一人として悪を欲する人はいません。

(ここでいう悪とは一般的な善悪の意味ではなく、〝ためにならない〟ことを指します。)

 

仮にあなたを嫌う人がいるのならば、

それは、相手があなたに対して劣等感を感じているか、

もしくは、あなたを競争関係である〝敵〟だと見なしているか。

 

いずれにしても、あなたの評価を利己的に下げて扱うことで、相対的に、自分の価値を高めたいだけの欲求なのです。

こういった人たちも突き詰めると「自分のこと」しか見ていません。

 

そう、本当の意味で、あなたを嫌える人は誰もいないのです。

 

 

いや、ここまで言っておいてなんですが、実は、唯一一人だけいます。

心の底からあなたを嫌える人が。

 

それは、他でもない〝あなた自身〟です。

 

恐怖に盲目にならず、「ありのままの現実」を見つめましょう。

あなたを嫌えるのは〝あなた〟しかいない。

自分のことが嫌いなのだとすれば、誰のせいでもなく、あなた自身の「自分に対する捉え方」が原因なのです。

 

吃音を、他人のせいにせず、全ては自分自身の問題であるということ。

「自分が自分であること」に責任を持ち、現実を受け入れて前に進みましょう。

 

自分自身の全てに責任が持てるようになること。

 

それは、血の一滴も通わない辛く苦しい道ではなく、

むしろ、「他者」という〝余計な荷物〟を置いて、「自分」に集中することができる、とても身軽でシンプルな道なのである。

 

人生に意味なんてない

一般的には、人生に意味なんてない。

意味を持たせることができるのは、自分の中でだけ。

そして、それは、

「自分の人生に意味を持たせられるのは、自分だけ。」ということである。

だから、自分のために生きることが出来ないと、ずっと空虚な何の意味もない時間を送り続けてしまう。

他人を気にすること。他人の顔色を窺って言動をすることにどれだけの価値があるのだろう。

確かに安定はするだろうが、ずっと死んだように他人の評価の奴隷になるのだ。

それが嫌な人は、〝勇気〟を持って自分を生き始めよう。

「吃音」あるから、挑戦できない?

そんなものは、本当に言い訳にしかならない。

 

人生は、短い。

克服できないこと1つや2つあっても別にいいんだ。

苦手がない人間なんていないだろう。

まずは、「吃音を治さなくてはいけない。でないと前に進めない。」という考え方から抜け出そう。

その認識があなたを挑戦できなくさせ、「吃音」を悪化させている原因なのだ。

「吃音」というあなたの両肩にのしかかっている重しを思い切ってとろう。

そんなものは、隅に置いておいて、あなたが本当にやりたいと思っていることは何は考えよう。

あなたの性に合い、それが熱中できるものが見つかれば、「吃音」なんてどうでも良くなるから。

「吃音」という小さいスケールの殻から抜け出し、今を生きよう。

その時あなたは、あなた自身の人生に意味を見出せるだろう。